呪いの国にあり、呪いを受理するかどうかを判定するところ。人間が
呪い出願書を呪いの国宛のポストに出すことで、配達人のウラミィが
派遣所まで出願書を持っていってくれる。ちゃんと届けるには丑三つ時に
ポストに入れるのがポイント!呪い派遣所で受理された呪いには、呪いの
行事を手助けするわら人形か、相手の不吉を警告する黒猫のどちらかが
派遣される。
「憎い人を死に至らしめる」…という、重〜い呪いではなく、たとえば
スタイル抜群の悪女を急に太らせちゃったり、ルックスで悪事を働く
男の髪の毛を薄くしちゃったり、厳しい完璧主義のいじわる先生の
スカートを裏表逆にしちゃったり…。そんな、小さな呪いのこと。
でも、もちろん、誰でも叶うわけではなくて、ほんと〜にプチ呪いを
かけたい重症な依頼人でないと、わらこさんも叶えてくれません!
プチ呪いは「生きてる」からこそ恐い呪いでもあり、ある意味とっても
恐くて健全(?)な呪いなのです!
呪いの国に住んでいる元気な女の子、のろいちゃんのお話。「呪い」という
人間の闇の部分のテーマを、のろいちゃんは明るく楽しくしてくれちゃうのだ。
あなたもその闇を心の隅にいつまでも抱えていないで、のろいちゃんと一緒に
明るく呪って元気になっちゃいましょう!
このホームページに掲載されているイラスト、キャラクターはの著作権は、すべて「JAM kitchen」にあります。
無断での転載、ご使用は禁止させていただきます。